SI1 Stock

株で年利30%超えを目標にするブログ

複利こそ資産運用のの醍醐味です

今回は資産運用の真骨頂である”複利”についてです。

結果からいうと、複利を最大限活用してください。

でないととんでもない額を損することになります。

 

金利には、①単利と②複利があります。

(※ここでは簡単化のため、所得税は考慮しません。)

①単利は、「元本にのみ」金利がついてきます。

100万円を年利10%で1年たったら110万円になります。

2年間たてば120万円です。

そんなふうに元本にしか利が発生しません。

 

一方で、

②複利は、「元本と金利」に金利がついてきます。

100万円を年利10%で1年たったら110万円になります。←ここまでは①と変わりありません。ですが、ここからです。

2年間たてば121万円です。2年目の利は110万円から10%なので11万円です。

こんなふうに金利分にも利が発生します。

 

なので利がでた分を使うのではなく、翌年の運用資金にそのまま当てて下さい。

利益がでた分を何かに使おう!という考えは呆れてしまいますね。。。

少なくとも運用資金が数千万くらいになってからいってください。3000万円くらいからですかね。

 

運用する期間が短い場合にはあまり変わらないかもしれませんが、

長くなればなるほどその差は歴然です。

 

例えば、100万円を年利10%で30年運用したとします。

①単利で運用する、ノウキン単利マンさん

1年後  110万円

3年後  130万円

5年後  150万円

10年後   200万円

20年後   300万円

30年後   400万円

 

②複利で運用する、スマート複利さん

1年後  110万円

3年後  133万円

5年後  161万円

10年後   259万円

20年後   672万円

30年後   1744万円

 

年利10%とかいうゴミ運用でもこのくらいの差がでてきます。

当然ですが、年利率が上がっていくとさらに差は開いていきます。

私はいつも10年で300万円を1億円に。と書いていますが、

300万円を年利42%で10年運用すると1億円になります。

私はいま27歳なので37歳には運用資金1億円の予定です。

でもそれまでの間に運用資金を増やしていくことも考えていますのでもうすこし早くなるかもしれませんね。

 

とりあえず、この複利効果を最大限に生かして運用するべきです。

 

300万円を10年で1億円に。